浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


頭痛の種類・分類と危険な頭痛の見分け方

あなたを悩ませる頭痛にはどんな種類があるのでしょう?

  • 締め付けられるような頭の痛み
  • ドクンドクンと脈打つような頭の痛み
  • 目の奥をえぐられるような頭痛

など不愉快な頭痛には様々な種類がありますね。
こちらでは頭痛の種類とその分類についてまとめてみたいと思います。

まず大きな分類として一次性頭痛と二次性頭痛に分類することができます。

一次性頭痛の種類

  1. 緊張型頭痛:首や肩の筋肉が緊張することによって起こるとされています。頭を締め付けられるような頭痛と表現されることが多いです。
  2. 片頭痛(偏頭痛):女性に多く、光や音・匂いに敏感になったり、吐き気・目がチカチカしたりします。脈に合わせてズキンズキンと痛むことが多いです。
  3. 群発頭痛:男性に多く、ある一定の期間群発地震のように発症します。目をえぐられるよな激しい痛みであることが多いです。

一次性頭痛とは病気または疾患によるものでなく、明らかな原因がわからないものを指します。
検査をしても特に異常が見つかることはありません。
これら3つの頭痛は病気によるものではないため、命にかかわるようなことはありません。

当院の頭痛専門施術で改善が期待できるものは、この一次性頭痛になります。

二次性頭痛

  1. 頭部の血管障害によるもの(注1)
  2. 非血管性の頭部の疾患によるもの(注2)
  3. 頭部の外傷によるもの
  4. 感染症によるもの(注3)
  5. 目や鼻・歯または首の疾患によるもの(注4)
  • 注1:くも膜下出血・脳出血・側頭動脈炎など
  • 注2:脳腫瘍・脳脊髄液圧の上昇など
  • 注3:脳炎・髄膜炎・肺炎球菌感染症・感冒など
  • 注4:緑内障・副鼻腔炎・歯髄炎・変形性頚椎症など

このように二次性頭痛とは何らかの病気・疾患によって引き起こされる頭痛です。
命に関わる危険な病気により頭痛が発生していることもあります。
これらの二次性頭痛が少しでも疑われる場合は、必ず早期に専門医の診断を仰ぐ必要があります。

当院ではこのような危険な頭痛が疑われるときは、すぐに病院を受診するように指導します。

危険な頭痛の見分け方

命に関わる頭痛かどうか見分けるためにはどうしたらいいでしょうか?
まずは以下の項目にあてはまらないかどうか確認してみましょう。
  • 頭痛の度合いがどんどん悪化していませんか?
  • 今までに経験したことのない痛みではありませんか?
  • 突然、バットで殴られたような痛みが発生していませんか?
  • 意識がもうろうとしたり、ろれつが回らなくなっていませんか?
  • 手足がしびれたり、感覚がおかしくなっていませんか?
  • 50歳を過ぎて初めて頭痛を経験した
もし一つでも心当たりがあるようなら、すぐに病院を受診するようにしましょう。

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ