浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


猫背を治す方法

あなたは家族や友人・知人から「猫背で姿勢が悪いね」などと言われたことありませんか?
それもそのはずです、現代の日本人は日常生活で知らず知らずのうちに猫背になってしまうような生活を送っていることが多いからです。

猫背は病気ではありませんが、さまざまな身体の不調をまねく原因となります。

こちらでは、「猫背の原因」「猫背が引き起こす身体の不調」「猫背を治す方法」「猫背を改善する当院の姿勢改善整体」をご紹介したいと思います。

猫背の原因

猫背の原因となる一番の理由は、やはり普段の生活習慣にあります。

  • 長時間のパソコンやスマートフォン
  • 仕事でデスクワークが多い
  • 歩かないことによる筋力不足
  • 悪い姿勢でテレビを見ている

などあなたにも当てはまるものがありませんか?

ご自分で思い当たる原因を思い出してみるだけでも猫背を治す第一歩となります。

原因を意識することで、「あ、ちょっとパソコンやる時間長すぎたな…」「仕事がひと段落したから休憩中に軽く背筋を伸ばそう」「今日はちょっと歩いてみようか」など生活の中でちょっとした“気付き”が生まれるからです。

そのほかの原因としては“ストレス”も挙げられます。

「仕事のストレス」「人間関係のストレス」「育児のストレス」などなど現代人はさまざまなストレスにさらされて日々頑張っています。

このようなストレスによって気持ちが沈みがちになると、次第に目線は下にさがり、背中は丸くなってしょんぼりとした姿勢になってしまうのです。

猫背が引き起こす身体の不調

肩こりや首のこり・背中の痛み

姿勢が悪いとどうしても首は前に出て、アゴが出た状態になってしまいます。

こういった状態が続くと後ろ側にある首や肩、背中の筋肉はこれを支えようと常に緊張を強いられるのです。これが肩こり・首のこり・背中の痛みを作り出します。

緊張型頭痛や偏頭痛(片頭痛)

上記のように肩こりや首のこりが慢性化すると、頭はそれらの筋肉によって常に締め付けられてしまいます。これが頭痛の一つの原因になりえます。

呼吸の質の悪化

猫背で姿勢が悪い方は、肩が前に出ていわゆる「巻き込み肩」である場合が多いです。

肩が前に巻き込んでいると、肺がおさまっている胸郭が狭くなってしまいます。
これにより肺が十分に広がりにくくなり、良質な呼吸が妨げられてしまうのです。

なにげなくしている呼吸ですが、命を維持するために必要不可欠なだけでなく、代謝を悪くして太りやすくなってしまいます。

自律神経の乱れ

背骨の両脇には、自律神経幹という自律神経を全身に分配するための太い通り道があります。

悪い姿勢が続くと身体を動かす事も減って、背骨を支える筋肉を固くしてしまいます。これによって自律神経の通り道が狭くなってこの働きを悪くする原因となります。

胃や腸など消化器への影響

猫背で背中が丸くなると、胃や腸をおさめているお腹のスペースが狭くなります。また、これら消化器が圧迫されるため、働きが悪くなってしまいます。

これによって消化がしづらくなり、便秘や下痢・胃炎や腸炎、食道炎など胃腸の障害が起こりやすくなってしまいます。

血液やリンパの流れが滞る

悪い姿勢は心臓にも負担を掛けてしまいます。これによって動悸や息切れ・胸が苦しいなどの症状が現れます。

また、猫背だと運動量も少なくなりがちとなり、筋肉を使うことが減るので柔軟性を失い固くなってしまいます。

血液やリンパがなめらかに流れるためには、筋肉が収縮・弛緩することによって生じる筋ポンプ作用が必要なので、結果的に猫背はこれらの流れを滞らせてしまうのです。

猫背を治す方法

姿勢改善整体

当院で施術させて頂いている姿勢改善整体を定期的に受けて頂くことで、個人差や年齢による改善度合いの差はありますが、猫背を改善することが可能です。

ただし、長年身体に染みついてしまった姿勢を短期間で改善することは難しいです。最初は間を詰めて施術させていただき、徐々に施術間隔を空けていくことで改善に導きます。

あなた自身によるお身体のメンテナンス

私は、施術とあなた自身によるメンテナンスは車の両輪だと考えています。

いくら施術で姿勢が改善したとしても、ご自身によるメンテナンスがなければ“猫背を治す”ことにつながりません。

以下に当院で皆様にお願いしている簡単な心がけやストレッチの一部をご紹介致します。

お腹に力を入れてみましょう

おへその下(約指4本分)には関元(かんげん)というツボがあり、元気が湧いてくるところとされています。昔の人はここを臍下丹田(せいかたんでん)と呼んでいました。

武道やヨガなどでもここに意識を集中させることで、身体の軸がブレないように指導をしたりします。

日常生活の中でここに意識を集中させ、軽く力を入れることで背筋が伸びやすくなります。

立っている時、座っている時、歩いている時などいつでも構いません。思いついたらやってみましょう。慣れないうちは力を入れるときに緊張してしまって呼吸を止めてしまうかもしれませんが、呼吸は止めずにゆっくりと続けて下さい。

当院でも施術後に効果的にできるようにお教えしています。

腹式呼吸をしましょう

腹式呼吸は胸ではなくお腹を使った呼吸法で、ご存じの方も多いと思います。

正しく行えば、背骨のきれいなS字を保つために必要な“腹圧”を上手にかけることができます。

腹式呼吸を正しく行う際の注意点は以下の通りです。

  • 息を吸うときは鼻から、吐くときは口から吐きましょう。
  • 吸った時の倍以上の時間をかけてゆっくりと吐きましょう。
  • 吸うときはお腹を膨らませるイメージで行いましょう。
  • 吐くときはお腹をへこませるイメージで行いましょう。
  • お腹に手を当てて行うとやりやすいです。

日中は息を吐き切るつもりで最後までぐうっとお腹をへこませましょう。こうすることでいわゆる“インナーマッスル”といわれる身体の軸となる筋肉を鍛えることができます。

逆に寝る前などは軽く吐きだすことで副交感神経が優位になり、リラックスして安眠することができます。

簡単なストレッチ

胸を開いて肩甲骨を開くストレッチ
  1. まず、背筋を伸ばして座りましょう。
  2. 腕と肘を90°くらいに曲げ、顔の前あたりで合わせます。
  3. 息をゆっくりと吐きながら、胸が張るように開きます。
  4. 肩甲骨を寄せるイメージで行うと良いです。

文章だけですとわかりにくいですね。当院ではこのような簡単なストレッチを施術後に一緒に実施して日常生活に取り入れてもらえるようお教えします。

猫背を治す姿勢改善整体

猫背を招く姿勢の悪さは、さまざまな影響を身体に及ぼします。

当院で皆様に施術させていただいている姿勢改善整体できっかけを作り、日常生活で実施して頂ける自己メンテナンスを行うことで正しい姿勢を取り戻しましょう。

猫背を治して正しい姿勢を取り戻せば、身体にいろいろな良い影響が現れます。

  1. 慢性的な首や肩のこりが緩和されます。
  2. 自律神経のバランスが整います。
  3. 血やリンパの流れが良くなります。
  4. 日々の慢性的な疲労が抜けやすくなります。
  5. 女性のきれいなプロポーション作りにもつながります。
  6. 物事に明るく前向きに取り組めるようになります。

ご予約・お問い合わせは以下の電話番号かお問い合わせフォームよりお気軽にご相談ください。

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ