浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


浅層筋への刺鍼、僧帽筋|肩こりなど

4月2日(水)の勉強会記録です。
メモをまとめた備忘録となりますので、読みづらいことをご了承ください。

一般の方向けの分かりやすい記事はこちら↓
はまぞうブログ
僧帽筋を例に挙げた浅い筋肉への鍼へのリンク

浅層筋への鍼の刺入

触診で深い硬結がない=症状は新しい=筋層の表面までの刺入で十分。
浅い筋肉を狙った刺鍼では、筋の流れに沿って上から下に向かって斜刺。
ただし流れに沿ってまっすぐ平行での斜刺はしづらいため、45度の角度でアプローチ。
直刺より斜刺の方が、とらえる面積が広くなり効果が上がりやすい。
深層筋を狙いたい場合は手法が異なる。注意。

まとめ

「刺入する角度=45度」+「筋の流れに対する角度=45度」の二重の斜刺。

僧帽筋への鍼の刺入

今回は、上部繊維・中部繊維・下部繊維に分けて探る。
上部=天柱付近、中部=肩井付近、下部=膏肓付近
必ずしも両側とるわけではない。左右差など確認して、必要性をよく考える。
両側とる場合でも刺激量に差をつけて、施術にメリハリを。

僧帽筋への刺鍼(全体像)

僧帽筋への鍼全体像

僧帽筋上部繊維への刺鍼

僧帽筋上部繊維への鍼の刺入

僧帽筋中部繊維への刺鍼

僧帽筋中部繊維への鍼の刺入

僧帽筋下部繊維への刺鍼

僧帽筋下部繊維への鍼の刺入

 

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ