浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


腰痛への鍼灸・整体|腰腸肋筋

5/21(水)の勉強会は
「腰痛に対する脊柱起立筋群へのはり・きゅう施術」
でした。

脊柱起立筋とは

脊柱起立筋とは
「人間が立っている姿勢を保つ」
ためにある筋肉の1つです。

実体は、脊柱や肋骨、骨盤などから起こっているいくつかの筋肉の総称です。
そのため脊柱起立筋”群”とされることもあります。

腰腸肋筋と最長筋

その中でも、腰痛・また背中の痛みなどに関わるのが
「腰部の腸肋筋と最長筋」
です。

今回の勉強会の主なターゲットは、この2つになりました。

脊柱起立筋の図

腰痛に対するはり・きゅう施術

勉強会なので、筋肉のイメージと施術ポイントをチェックするため、マーカーでラインなどを引きます。
実際の施術では、マーカーなどは引きませんのでご安心ください。

座った状態と、うつぶせの状態では
筋肉の広がり方・固い部分に違いがでること
を確認します。

座った状態
座った状態での腸肋筋と最長筋
うつぶせの状態
うつぶせの状態での腸肋筋と最長筋

腰の痛い方は、痛みのために寝ることが出来ない場合も想定して、いろいろな体位での治療も考えておかないといけません。

○印や×印をつけたところが、この方の場合の施術ポイントです。

筋肉の付着の仕方、骨格、体格などは人によってまったく違います。
「よく見て」見当をつけたら、「触って」場所を探します。

いきなり触るのではなく、
まず「きちんと観察する」ことが重要だよ
といつも院長に教えていただきます。

実際に鍼をしていきます

施術のポイントが決まったら、実際に鍼をしていきます。

腰痛の鍼治療

腰腸肋筋は、比較的深い場所にあるので、体格や肉のつき方で鍼の長さや、刺入する深さを変えます。

お灸をしていきます

このあと、椅子などに腰かけていただいて、必要であればお灸をしていきます。
熱さを感じたら、痛みの出る手前あたりまで動かしていただく
のがコツです。

前かがみや後反らし、左右の傾け、左右のひねりなど、動かす方向はさまざまです。

温鍼灸院の腰痛施術

温鍼灸院では、このような実際に腰の痛みがあるポイント以外にも
全身のバランスをとるはり・きゅう
腰の筋肉をゆるめる整体施術

などもその時の状態によっては組み合わせて、施術を行っていきます。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ