浜松市で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


窓からの冷気が冷たいので寒さ対策しました

今年の冬は、寒くなるのが早い気がします。
朝おきるのがつらいですねぇ。

温鍼灸院の施術室も、朝暖房入れてからあったまるまで30分ぐらいかかります。

そこで、いろいろネットで調べてみたところ、窓からの冷たい冷気が一番部屋を寒くしてしまうようです。
窓が閉まっていても、所詮ガラス1枚ですし、サッシの上下にも隙間がありますしねぇ。

そこで、窓からの冷気を少しでも和らげるために、寒さ対策をすることにしました。

施術室には、大きく採光できる窓が2か所あります。
結果として開口部も広くなりますから、冷たい空気もたくさん入るので、この2か所を対策することにしました。

まずは、腰高あたりから出窓になっている所からです。

ここには、窓際あったかボードというのを立てることにしました。
8mmぐらいの厚さのポリエチレンのボードで、窓際になるべく隙間なく立てかけるだけでいいみたい。

こんな感じで、立ててみました。

measures against cold of windows4.jpg

ボードの方がちょっと高かったので、8cmぐらいカッターでカットしたら、窓枠にうまくはまって倒れてくるのを防ぐ感じでうまくいきました。

冷たい空気は重いので下から入ってきますから、特に下側に隙間が無いようにしっかりガード↓↓

measures against cold of windows5.jpg

次は、大きな掃き出し窓です。
ここは高さが2000mmぐらいあるので、断熱カーテンライナーというのにしました。

薄い塩化ビニールが、カーテン上になっていて、カーテンレールにも直接つけられるし、レースのカーテンのフックにも付けられるようになっています。

measures against cold of windows1.jpg

下は床に垂らすような感じにして、下からの冷気が入らないようにします。

measures against cold of windows2.jpg

調光ロールスクリーンを1番した間で降ろしたら、ちょうど重しになっていい感じになりました。

measures against cold of windows3.jpg

窓際に行ってみると、設置前と設置後では体感でわかるぐらい寒さと冷たさが減りました。

これで、暖房効率も上がるから、電気代とガス代にも優しいですね。

患者さんには、治療の際、薄着になっていただいてお腹や背中、足などを出していただくので施術室は温かくしておきたいですから、今回の対策してよかったです。

冬はお灸を多用して、身体を温める治療が多くなります。
部屋全体は、エアコンとガスファンヒーターで、足元は電気ヒーターで、ベッドにも電気毛布を敷いて施術中寒くないようにしておりますが、もし施術中寒いようでしたら、どうぞご遠慮なくお申し付けください。

更新

<< 前の記事

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ