浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


鍼灸道具のご説明

鍼灸(はりきゅう)には、どうしても「痛そう・・」「熱そう・・」「怖い・・」というイメージをお持ちかもしれません。
少しでもあなたの不安を解消できますよう、鍼灸(はりきゅう)で使う道具の紹介・ご説明をさせていただきます。

鍼灸(はりきゅう)ってむしろリラックス出来て心地よいものですよ。

鍼(はり)についてのご説明

鍼灸に使うはりとつまようじを比較した写真

まず、当院で使用する鍼はすべて滅菌済みの使い捨てになります。
お一人ごとにすべて取り替えますので、感染の心配はありません。

また、0.14mm~0.2mmの髪の毛ほどの鍼を使いますので、刺入する際の痛みは最小限です。

リラックス効果もあり、心地よいので治療中に寝てしまう方もいるほどです。

しかし、痛みの感じ方には個人差があります。チクチクするなど不快なときにはご遠慮なくお申し出ください。

※写真は、左から鍼(太さ0.14mm/長さ40mm)・鍼(太さ0.2mm/長さ50mm)・つまようじです。

灸(きゅう)についてのご説明

当院で使用するお灸は3種類ございます。

専用のシールを貼って直接すえるもの

米粒の半分位の大きさのお灸と専用のシール

本来のお灸は、直接肌にすえて小さな火傷を作ることで身体の治そうという力を引き出すものです。

しかし、直接肌にすえると跡が残るなどの問題があります。
そのためお灸専用に作られたシールを貼って、その上から米粒の半分位の大きさのお灸をすえます。

このお灸の感じ方は「チクッ」としたもので最も治療効果も上がりやすいです。

基本的にはこのお灸を用いるのですが、「チクッ」とした熱さがどうしても我慢できない方には他のお灸を用います。

台座のあるお灸

肌に貼り付けて使うお灸

このお灸は、直接すえるお灸よりもう少し広い範囲に持続した温感を加えたい場合に用います。

また、直接すえるお灸がどうしても苦手な方にはこちらで代用します。

このお灸の感じ方は「ジワーッ」とした温かさが持続的に加わります。

間接的に温めるお灸

3種類のお灸を一緒に写した写真

このお灸は、「棒灸」と言われています。
上記2つよりもさらに広い範囲を温めたいときに使います。

肌に近づけたり、遠ざけたりしながら温かさを調節して使用します。

このお灸の感じ方は「ホンワカ」とした温かさが広い範囲に加わります。

※写真のうち、一番右側にあるのが棒灸です。

鍼灸(はりきゅう)の施術風景

背中に鍼とお灸の施術をしている様子   足の裏にお灸をしているところ
腰を間接的にするお灸で温めているところ   ふくらはぎにはりをしている様子

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ