浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


風邪の予防・風邪の初期症状

風邪を予防する、風邪の初期症状にはお灸が効果的です。
温鍼灸院では、風邪に対してお灸を使った施術をしています。

どんなツボにお灸をするの?

呼吸器に関わるツボ

首の付け根あたりから背中の上部にかけて、呼吸器に関わるツボがいくつか並んでいます。

ツボの名前を挙げると
大椎、定喘、大杼、風門、肺兪
などです。

肩背部の呼吸器に関わるツボ

これらのツボの教科書的な位置にお灸をすえるのも良いです。
しかしこれらのツボが分布する部位を、一つの「治療範囲」としてとらえてお灸をすえる場所を探っていく方がより効果的です。
ツボの位置には個人差がありますし、その日の体調によっても場所は変化していくからです。
皮膚を見た感じ・触れた感じなど”目”と”指先”の感覚で探っていきます。

おへその下にある大事なツボ

おへその下には「関元」という大事なツボがあります。

おへその下にある関元というツボ

臍下丹田とも言って、武道や武術などではここにしっかりと力を入れるよう指導されることもあります。
ここに力をきちんと入れていれば、体幹が安定して容易に倒されたり押し込まれたりすることがないからです。

この「関元」は、身体が元気かどうか確かめるバロメーター的なツボです。
元気がなくエネルギー不足の時は、ここに力が無く触ると指がズブズブと入って行ってしまいます。
元気でエネルギー十分の時は、触ると弾力があり指に適度な抵抗感を感じます。

鍼灸施術で腹診をすると感じるのは、現代人はほとんどこの部分に力がないということです。
そういったところには、お灸がとても良く合います。

どんなお灸をするの?

専用のシールを貼ってするお灸

風邪に対処するお灸は、基本的に「直接灸」「透熱灸」といわれる種類のお灸をします。
大きさとしては、米粒の半分くらいのお灸を連続してすえていきます。

チクッとした熱さを感じたら、プラスもう1壮すえて次の場所に移動します。
温鍼灸院では、お灸の痕が残らないように「灸点紙」という専用のシールを使って、その上にお灸をするので痕が残る心配はありません。

間接的に広範囲を温めるお灸

肌の冷え感が強いと判断した場合は、広範囲を間接的に温めるお灸をします。

棒灸という種類のお灸で、肌から数センチ離して温めていきます。
ポカポカととても心地が良いお灸です。

お灸についての詳しいご説明は、↓↓をクリックしてください。

鍼灸道具のご説明

全身のバランスを整える施術

「風邪を予防する」ということは、風邪のウイルスが入ってきても負けない抵抗力をつけるということです。
ですから、上記で説明させていただいたようなお灸の施術に加えて、身体のバランスを整える鍼灸・整体施術も合わせて行って健康の増進に努めていきます。

鍼灸・整体施術を、身体のメンテナンスとして1か月に1回程度定期的に受けていただくことで風邪などの病気に負けない強い身体を維持しましょう。

はまぞうブログのお腹を温めるお灸、風邪の予防・初期症状へのお灸へのリンク

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ