浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


五十肩(四十肩)

五十肩の整体施術風景

五十肩(または四十肩)
は日常生活に支障を及ぼす困った疾患です。

温鍼灸院では
炎症と痛みに対する鍼灸施術
痛みが治まってきた時期からの
肩の動く範囲を広げるストレッチ・整体
で対処いたします。

五十肩ってどんなもの?

本当の病名は肩関節周囲炎

五十肩(もしくは四十肩)とは俗称であって、本当の名前は「肩関節周囲炎」と言います。
五十代または四十代を中心とした年代の方に多いので、わかりやすくそう呼ばれるようになりました。

似たような症状の腱板断裂などの肩関節疾患、神経が締め付けられることによって起こる肩・腕の痛みなどとは分けて考えなければいけません。

なぜ痛くなるの?

人間の肩関節はとても動く範囲が広いです。
そのため関節が浅くなっています。
浅い関節を外れにくくするためには、関節の周りを筋肉で支えていないといけません。

また、その筋肉や腱・骨との間の滑りをよくするための滑液包というものもあります。

これらの筋肉や腱・滑液包などの組織が炎症を起こすことによって痛みを生じます。

なぜ炎症が起こるの?

筋肉や腱・滑液包は、可動性の高い肩関節の動きによって、日常的に骨に「こすれたり」「はさまったり」しています。
こういった摩擦によって、炎症が起こります。

炎症の原因は、肩関節をよく動かす職業であったりすることによる無意識な使いすぎ、またそうでなくても加齢によってこれらの組織が変性を起こすことによります。

 

ですから、五十肩の方に
「ご自分ではなぜ痛くなったとお考えですか?」
とお聞きしても
「思い当たる原因はありません」
というお答えをいただく場合が多いです。

五十肩の施術はどういうものですか?

五十肩の経過

大きく3つの時期に分けることができます。

急性期

2週間~1か月程度続きます。
安静にしていても、夜寝ていても痛くつらい時期です。
もちろん動かすと非常に痛く、動かせないことによって関節が固まってきます。

慢性期

数か月~半年程度続きます。
痛みは徐々におさまってきます。
しかし、肩関節は固くなり、動かせる範囲が狭くなっています。

回復期

慢性期を過ぎてから1年程度続きます。
痛みはほとんどなくなりますが、動かせる範囲は発症前より狭いです。

これらの時期によって、施術内容を変えていきます。

五十肩施術の概要

急性期の施術

炎症や痛みを抑えることを目的として、はり・きゅうによる施術を行います。
この時期は痛みが激しいため、整体施術や運動療法は行いません。

慢性期の施術
五十肩のお灸施術風景

痛みがおさまってきていることを確認して
はり・きゅうによる施術
関節の動く範囲を広げる整体
ご自宅での自己運動療法
を組み合わせていきます。

回復期の施術

整体施術+神経促通を目的としたストレッチを施術の中心とします。
ご自宅での運動療法も続けていただきます。

五十肩施術のまとめ

五十肩はまず痛みを抑えることが重要です。

しかし、そのあとの「肩関節の動きを広げる」施術はもっと大切です。
これをおざなりにしてしまうと、その後の日常生活に支障が残ってしまうからです。

また治療にはある程度の期間が必要となりますので、その間
「ご自宅での運動療法をあきらめずに続ける」
ことが施術以上に大切です。

私もできる限りのサポートをいたします。
一緒にがんばっていきましょう。

はまぞうブログの記事へのリンク↓
五十肩(四十肩)のはり・きゅう施術

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ