浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


足のしびれや違和感

このような足の痛みや違和感でお悩みではありませんか?

  • 太ももの前側から横側にかけて違和感があります
  • ふくらはぎからかかとに沿ってしびれがあります
  • 足の甲(親指側または小指側)に向かってしびれます
  • 足の裏の感覚がおかしく、板が一枚入っているように鈍いです
  • 足の指先まで症状があります

このような足の症状の原因はなんでしょうか

さまざまな原因が考えられるのですが、原因として多いものを中心に説明してみます。

坐骨神経痛

坐骨神経は、腰椎から出た神経が合流した、足の感覚や運動を司る太い神経です。
これが、ある部位で通り道を狭くされたり、圧迫されたりすると、そこより下でしびれや違和感・痛みを出すことがあります。

これが坐骨神経痛です。

筋肉の固さが原因となって起こるもの

この神経の通り道には、もともと狭いところがあって、腰とお尻の部位にあります。
この部位の周辺の筋肉が、神経の通り道に非常に近いので、緊張したり固くなったりすると圧迫してしまいます。

こういった、筋肉の固さが原因となって発生した神経痛には、鍼灸施術が効果的です。

この場合、深いところにある筋肉が問題となるのですが、鍼であればその筋肉に直接施術できるため、得意としています。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症によるもの

坐骨神経痛の原因として、もう一つ外せないのが、腰椎椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症によって起こるものです。

腰椎椎間板ヘルニアによるものの場合、脊髄神経から分岐したすぐの所で、はみ出した椎間板によって神経が圧迫されます。
この場合、片方の足にしびれや痛みが出る場合が多いです。

脊柱管狭窄症によるものの場合、分岐する前の脊髄神経自体の通り道が狭くなって起こるもので、多くは両方の足に痛みやしびれが出ます。

これらの場合、歩行が困難であるとか膀胱直腸障害(便や尿の排泄が困難になること)などの生活に支障が出てしまう段階まで進んでしまうと、手術療法が選択されます。

そこまでの症状でなく、まだ症状が軽い段階では保存療法(運動やリハビリ、生活習慣の改善などを主としたもの)が選択されます。

鍼灸治療も、この保存療法の1つとして行います。

股関節障害によって起こるもの

股関節は大きな関節で、丈夫で頑丈なので、本来は問題の起こりにくい場所です。
しかし、こういった場所では問題が起こりにくい代わりに、1度何らかの症状が発生するとなかなか治りにくかったりします。

股関節の症状は、太ももの横側やお尻に痛みや違和感を出すので、上述した神経痛やそのほかの疾患と勘違いされやすいです。

この股関節障害によるものも、鍼灸施術が得意な所で、私も多くの症例を診ています。

更年期障害などによるもの

更年期障害では、閉経前後のホルモンバランスの変化によって、さまざまな症状が起こりますが、その一つとして手足のしびれがあります。

ホルモンバランスが崩れるということは、身体全体のバランスが今までとは変わるので、急激な変化についていけなくなるのですね。

更年期の症状では、全身のバランスをとる鍼灸施術をじっくりと続けていくと、症状が緩やかになる場合があります。

詳しくはこちら↓↓からどうぞ。

体調不良を整え体質を改善する鍼灸施術

これ以外にも、糖尿病による末梢神経障害、動脈硬化などが原因の足の血流障害などがあげられます。

これらの症状が疑われる場合は、鍼灸施術の適応外ですので、病院への通院をお勧めします。

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ