浜松市で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


坐骨神経痛

坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることによって、圧迫が起きている部分より下=お尻から足にかけて痛みやしびれが出ることがあります。

以下のような症状で、お困りではありませんか?

  • お尻や太もも、ふくらはぎ、すねに痛みやしびれがある
  • 足の甲や足の裏、足の指に痛みやしびれがある
  • 足が冷えていないのに、冷たい感覚がある
  • ジリジリ、チリチリするような熱感(異常な感覚)がある
  • 足の力が抜けてしまう感覚や、足の指に力が入れにくい
  • 歩行中、途中で休まないと歩けなくなる(間欠性跛行)
  • 前屈み、または腰を反らすと痛みやしびれが強くなる

坐骨神経痛の原因とは

坐骨神経痛は、神経が圧迫されることによって起こります。

周辺の筋肉の緊張や、靭帯が厚くなったり、骨が変形することによって圧迫されることもありますし、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によっても発症します。

筋肉の緊張によって圧迫されている場合

坐骨神経の通り道には、もともと体の構造上、狭くなっていたり圧迫されやすい形状をしている部分があります。

1つ目は、腰椎(腰の骨)から、神経が枝分かれして出てくる部分で、ここではまだ坐骨神経ではなく、神経根と呼ばれます。

2つ目は、お尻の深部で、筋肉の間を通り抜ける部分で、股関節と仙骨(骨盤の一部)を結ぶようにある梨状筋という筋肉によって圧迫されることがあります。

こういった、筋肉の緊張によって起こっている坐骨神経痛は、はりきゅう整体の治療効果が最も出やすいです。

模型で見るとこの辺りです↓↓
坐骨神経が圧迫されやすい部分

腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症による場合

ヘルニアの場合、背骨のクッションの役目をしている椎間板が、加齢や腰を酷使したりすることで変形し、上記で説明した神経根を圧迫することによって起こります。

ヘルニアによって発症している場合の多くは、片側の足のみにしびれや痛みが出ることが多いです。

脊柱管狭窄症の場合、脊髄神経(背骨の中を通っている太い神経で、枝分かれする前)が圧迫されることによって起こります。
脊髄神経は、頭から腰のあたりまで、背骨の中でトンネルのようにつながっている脊柱管を通ってくるのですが、この脊柱管の内壁が、加齢などによって厚くなったり(肥厚といいます)固くなったりすることで、圧迫されてしまうのです。

脊柱管狭窄症によって発症している場合は、両方の足にしびれや痛みが出ることが多いです。

これらが原因の場合、整形外科などではまず保存療法が選択されます。
保存療法とは、手術をせず、薬や運動・生活習慣の改善やリハビリなどによって治療する方法のことです。
歩行が困難であるとか、便の排泄に支障が生じる(膀胱直腸障害)といった重い症状が出てきた場合、初めて手術療法が検討されます。

鍼灸や整体は、保存療法の1つです。
症状が軽いうちや、手術に抵抗がある方、薬の服用が不安な方に多くご来院頂いています。

また、手術をしても完全に症状が取れず、痛みやしびれが残ったり、手術部位の組織や筋肉が固くなってしまって、周辺に支障が出ている場合に、手術後のリハビリとして有効です。

股関節障害が坐骨神経痛に似た症状を出したもの

先に説明した、腰やお尻の奥の筋肉の固さ・腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症が触診や検査で見当たらないのに、坐骨神経痛の症状が出ることがあります。

この場合、もう1つ疑ってみるのが、股関節周りに問題がないかということです。

股関節は、人間の体の中でも大きくて頑丈な関節で、少々のことでは痛みを出したりすることはありません。

しかし、生活するうえでの体の使い方の癖や、仕事での負荷のかかり方、スポーツなどで長期にわたって負担が蓄積すると、頑丈な股関節を悲鳴を上げることがあります。

この股関節の障害による痛みやしびれ感が、坐骨神経痛と勘違いされることがあります。

股関節周りの筋肉や靭帯を緩めるには、鍼やお灸が有効で、整体も補助的に行うことで、股関節による坐骨神経痛に似た症状に対処することが出来ます。

勉強会で股関節の治療をしている所です↓↓
股関節の鍼治療

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ