浜松で評判のやさしい整体と鍼灸でお待ちしております!

温鍼灸院


体調不良を整え体質を改善する鍼灸施術

病気の原因を治す本治法

はり・きゅう施術を含む東洋医学には、「本治法」「標治法」という考え方があります。

また東洋医学の基本として

  • 病気を治すにはまず本を診る
  • 標本同治=病気の症状に対する施術と、病気の根本に対する施術を同時に行う

というものがあります。

病気の根本の原因を治すことを「本治法」と言い、病気の表面的なこと(症状など)を治すことを「標治法」と言います。

本治法とは

当院では症状の出ている場所だけを施術するのではなく、体質を改善するために
「身体全体のバランスを整え、身体が本来持っている治す力を引き出す本治法」
を同時に行います。

東洋医学では病気になる根本の原因は、陰陽のバランスの乱れや、気・血・水の巡りなどが悪いことにあると考えます。
ですから、陰陽のバランスの乱れを整え、気・血・水の巡りを良くして病気の根本の原因を整えてあげることが大切です。

風邪をひく時を例に挙げると、陰陽のバランスや気血水の巡りが悪くて身体が弱っているために、風邪のウイルスを体内の免疫システムがやっつけることが出来ず、風邪をひいてしまうのです。

これは西洋医学的に考えれば、体力が落ちて、免疫力が弱っている状態です。

風邪が流行していて、周りの人がみんな発症しているのに元気な人っていますよね。
こういった元気な人も、実は風邪のウイルスには感染しているのですが、陰陽のバランスと気血水の巡りが良くて、風邪のウイルスをやっつけてしまうので、発熱・咳・のどの痛み・鼻水などの症状がでることはありません。

また、陰陽のバランスや、気血水の巡りを良くしてあげることは、上記のような感染症に限られるわけではなく、

  • 胃腸の調子が優れないなどの内科的疾患、
  • 自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れ、
  • 首や肩のこり・背中の張り・腰の痛みなどの運動器疾患、
  • 生理周期や女性ホルモンの変調に伴う婦人科系疾患
  • 病気は見当たらないのに体調がすぐれない「未病」の状態

など体の不調全てにおいて大事です。

身体全体のバランスや巡りを良くしてあげることで、内臓の調子を整える・自律神経を整える・痛みや炎症を抑えるといった身体が本来持っている「自分で自分を治す力」を引き上げてあげること本治法と言います。。

 

虚証と実証

本治法を、虚証と実証という東洋医学の考え方を例に挙げて説明してみます。

人間の身体は、みんな一緒ではありません。

元気いっぱいの人や気力不足の人、筋骨隆々とした人や線の細い人、暑がりの人や寒がりの人、性格だって違います。
このように、さまざまな体質の違いを分類する方法の一つとして、「虚証」「実証」という考え方があります。

虚証とは

虚証寄りの方には、以下のような特徴がいくつか当てはまります。

  • 痩せ型で、線が細い
  • 身体が冷えやすく、寒がり
  • 肌質はきめ細かく繊細で薄い
  • 顔色は青白いまたは黄色味をおびている
  • 体力がなく疲れやすい
  • 軟便で下痢気味
  • 食が細い
  • 声質は細く小さい
  • 静かで穏やかな性格
  • 病状は慢性的で緩やか
実証とは

実証寄りの方には、以下のような特徴がいくつか当てはまります。

  • 体格がよく、がっしりしている
  • 身体は冷えにくく、暑がり
  • 肌質は粗く、厚みがあり弾力的
  • 赤ら顔でのぼせ気味
  • 体力旺盛で疲れにくい
  • 便は硬めで便秘気味
  • 食欲旺盛
  • 声質は大きく通りやすい
  • 積極的で情熱的な性格
  • 病状は急性的で激しい

以上のように、虚証と実証では体質が異なりますので、同じような症状に見えても病気の根本の原因は違いますから、本治法も異なるものとなります。
これを東洋医学では「同病異治」(同じ病気に見えても治療法は異なる)と言います。

補法と瀉法

東洋医学では、上述した虚証と実証のように、どちらかに偏った状態は良くないと考えます。
体質を改善するためには、両方のバランスがとれた状態=「中庸」を目指して治療をするわけです。

虚証であれば、足りないものを補ってあげる施術、実証であれば多すぎるものを取り去ってあげる施術になります。
足りないものを補ってあげる施術を「補法」多すぎるものを取り去ってあげる施術を「瀉法」と言います。

鍼と灸には、それぞれ補法の手技・瀉法の手技があります。
また、鍼と灸を比べると、鍼は瀉法が得意で、灸は補法が得意です。

これを踏まえて、虚証の方に対しては補法を主とした施術を行います。
ただし、虚証の方でも実している部位があれば、瀉法も施します。

逆に実証の方には、瀉法を主とした施術を行います。
また同様に、実証の方でも虚している部位があれば、補法も施します。

本治法のまとめ

本治法について、今回は虚証と実証・補法と瀉法を例に挙げて説明させていただきました。

実際の施術では、虚実以外にも

  • 陰陽のバランスはどうか
  • 身体は冷えていないか熱をもっていないか(寒熱)
  • 病状は浅いのか深いのか(表裏)
  • 気力は充実しているか不足していないか
  • 血や水分のめぐりが滞っていないか

など、様々な情報を身体を観察したり、問診で聞き取りをしたり、身体を直接触ったりして、集めてから施術を行います。

このように、おひとりおひとりの体質は様々で、みなさん違いますし、同じ人間でもその日の体調によって変化します。
ですから本治法は、同じ症状であってもその方個人の性質に合ったオーダーメイドの施術を選択しますし、同じ人であっても日が違えば体調も変わりますから、その日の状態に合った施術を選択します。

当院では、症状のみを診るのではなく、身体全体のバランスを整え、治す力を引き出す本治法を、症状に対する標治法と合わせて行うことで、ご来院いただいたみなさんの健康維持のお手伝いをしたいと考えています。

温鍼灸院のご案内

住      所:
〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台3丁目16-16
アクセス:
遠鉄ストア大平台店から南東に100m   遠鉄バス「大平台3丁目東」から徒歩3分
お問い合わせ・ご予約
053-415-9572
受付時間:
午前 9:30~12:30
午後 15:00~20:00
完全予約制
定休日:
水曜日午後・木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ